工事中

地図中の地名をクリックすると、説明文にジャンプします
地図
※参考.「古老は語る」・せゝらぎ等


夏吉公民館 
夏吉公民館 顕彰碑 大ホール 夏吉焼展示








説明文



戻る


夏吉郷土資料館 

資料館 バス停新生病院








夏吉郷土資料館は閉館しました。
日本初の世界記憶遺産 山本作兵衛さんの自宅にあった風呂釜も展示されていましたが。
残念です。


戻る


若葉山 

月輪側より若葉山 若葉山 六坑側より若葉山









説明文



戻る


若八幡神社 

社殿 撫牛 稲荷社鳥居 天満宮・比叡社







説明文



戻る


貴船社 

社殿 狛犬(焼物) 狛犬製作者








説明文



戻る


因隆寺 

白雲山因隆寺








真宗大谷派
白雲山因隆寺
明暦4年創建

♪因隆寺
詩・曲 金子雅彦

子どもの頃に遊んだ因隆寺の記憶を金子さんが歌にしました。




戻る


性福寺 

性福寺








説明文



戻る


次郎丸塚 

次郎丸塚堂 地蔵さま








説明文



戻る


エゲ観音 

観音堂 地蔵








説明文



戻る


夏吉古墳 

案内板 夏吉1号墳 石室









夏吉ちびっこ広場の北側、林田池の上に位置し、南側に入り口がある複室の横穴式石室で丸い花崗岩を組み上げている。
須恵器、土師器、鉄器、金環(耳飾り)、碧玉製管玉などが出土しており、古墳時代後半頃に造られたものであり、この頃の 夏吉村を代表する者が葬られた墓である。特徴的なことは石棚が設置されていることである。




戻る


ロマンスヶ丘 

ロマンスヶ丘 福智山系 杖








カルスト台地で、登山口から簡単に登ることのできる山です。
北に福智山、東に香春岳、南に英彦山、西に関の山が望め、快晴の時には玄海灘も見渡せる。
ロマンスヶ丘の地名の由来は、ロマンスヶ丘の裾野に国立の「新生病院」があり、そこに入院していた男性の患者と、看護婦(看護師)さんとの間に芽生えた恋!愛!・・・・・
つまりロマンスだったのです。国立ではありませんが、現在も「新生病院」は存在します。



戻る


鍾乳洞 

第一鍾乳洞 バクチの木








岩屋第一鍾乳洞は岩屋公民館から県道を渡り、徒歩5分で到着します。
照明が完備されていますので、区長(渡氏)さんから鍵を借り、点灯してから探検して下さい。
鍾乳洞は第一以外に、第二、第三鍾乳洞がありますが、照明設備が無く探検は困難かも。
第一鍾乳洞入口付近に田川市指定文化財(天然記念物)バクチの木があります。バラ科の常緑高木で亜熱帯に分布します。



戻る


金川農協 

来てみんね”かながわ” 販売所 バイパスの横








金川農協は独立した組織でしたが、田川農協と合併して金川支所になりました。
金融、購買、ガソリンスタンド、自動車修理工場、堆肥センター、ライスセンター等の施設があります。
「きてみんね”かながわ”」は、地元で生産栽培された新鮮野菜や金川牛、パプリカ、イチゴ等が販売されています。



戻る


新生病院 

新生病院 新生病院 デイサービス








説明文



戻る





平石酒店 

平石商店








説明文



戻る


古谷商店 

古谷商店








説明文



戻る


町田屋 

町田屋








説明文



戻る


たぬきの里 

喫茶たぬきの里








説明文



戻る


いちもん茶屋 

いちもん茶屋








現在は営業されていません。



戻る


西乳商事 

電気店








説明文



戻る


駐在所 

夏吉駐在所








説明文



戻る


金川小学校 

桜の金川小学校 校舎 校訓








田川市立金川小学校の歴史
明治 7年 寺子屋から糒小学校と称す。
  15年 糒宮ノ下に校舎新築。
  29年 夏吉月輪に校舎新築移転。
  45年 金川尋常小学校となる。
昭和19年 火災発生。 学籍簿、グランドピアノを夏吉住民が運び出す。
  25年 田川市立金川小学校となる。

♪金川小学校校歌
1 朝日かがやく 香春岳 雄々しき姿 仰ぎ見て 身を金鉄に きたえとや 金川校は そそり立つ 金川学校は そそり立つ
2 夕日うつろう清瀬川 清き渕瀬に たぐえつつ 心の鏡 みがけとや ささやく瀬音 丘にきく ささやく瀬音 丘にきく
3 至誠の真道一すじに つどいて学ぶ 健児らは 努力の汗を おしまずば 如何なることか 成らざらん 如何なる業か とげざらん

金川小学校へは、かながわ農協「来てみんね かながわ」から金辺川に架かる月輪橋を渡り、左側の坂を少し登ると左側に階段があるのでそれを登ると広い運動場に着きます。
正面に桜の並木があり、その先に校舎と右側に体育館があります。更に右側のメタセコイアの木の周辺には卒業生が残したモニュメント等があります。


戻る


秋里大池 

秋里大池








秋里大池は農業用のため池として昭和37年に竣工。堤体横に石碑があります。



戻る


長池 

長池








平石酒店横の坂道を登るとすぐに池が見えてくる。農業用のため池でその名のとおり長い池です。



戻る


片辺坂 

片辺坂 山笠格納庫 猿田彦








片辺から村方に通じている道であり、すぐに上り坂になります。S字カーブの峠を越えると右側に山笠の格納庫があり、格納庫の看板の書は、書家であった故人 香山先生が書かれました。格納庫の横には猿田彦神の石碑があります。
片辺の県道沿いは昔、「テンクラ町」と呼ばれていました。金辺川を利用して石炭を運ぶ川滞の船着場があり、店も多く酒盛やバクチがされていて、大いに賑わっていたようです。
峠付近は昼間でも薄暗く、「狸の石落し」などの話もあったようです。



戻る







四季亭くらしき 

くらしき








現在は営業されていません。春は桜の花が見事です。



戻る







大西商店 

大西鮮魚店








鮮魚と日用品を販売しています。



戻る







夏吉美容室 

夏吉美容室








長年にわたり夏吉で唯一の美容院です。



戻る







平石建設 

平石建設








説明文



戻る







御旅所 

御旅所 平成25年神幸祭









御旅所は、神輿、山笠が旅の途中で宿泊する重要な場所です。



戻る







夏吉橋 


夏吉橋








説明文



戻る







月の輪橋 


月の輪橋








説明文



戻る


岩屋の滝 

岩屋の滝 仁王像 磁石山案内








岩屋バス停から第二鍾乳洞を左に見ながら10分歩くと「岩屋の滝」に着きます。垂直に切り立った岩の上部から水は流れてはいないが、夏は涼しく鳥の鳴き声も聞こえます。



戻る


清瀬神社 

清瀬神社 碑文








金辺川(清瀬川)、香春岳、英彦山、救求山脈が見渡せる小高い丘に清瀬神社があります。清瀬神社に祭られているのは寒田三柱大神です。寒田三柱大神は、宇都宮一族の初代の当主信房が、宇都宮の氏神として勧請した築上郡築城町伝法寺に鎮座する岩戸見神社の祭神、大巳貴命(オオナムチノミコト)天児屋根命(アメノコヤネノミコト)天照大神(アマテラスオオカミ)です。祭神が同一であることから、滅亡した宇都宮一族との関係が考察されます。。



戻る


香春岳 

西側から香春岳 南側から香春岳 香春岳一の岳








”香春岳は異様な山である。けっして高くはないが、その与える印象が異様である。”五木寛之
♪香春岳から見下ろせば 伊田の立坑は真正面 十二時下がりのサマちゃんが ケイジにもたれて思案顔 サノヨイヨイ♪炭坑節
”香春岳は遠くからの眺めがよい、また近くから眺めるのもよい”山頭火
”深梅や暮れて険しき香春岳”杉田久女
”頃は戦国 天文の末 豊前田川は 香春の城主”香春盆くどき 香春岳落城秘聞 清瀬姫物語
”朝日かがやく 香春岳 雄々しき姿 仰ぎ見て 身を金鉄に きたえとや 金川校は そそり立つ 金川学校は そそり立つ”田川市立金川小学校校歌
香春岳にまつわる歴史は、神・仏・城・銅・産業等です。筑豊のシンボル、故郷の山として愛されてきました。



戻る







鹿島社 










説明文



戻る


「夏吉・若葉山」へ戻る